ブライダルアクセサリーの選び方 - デザイン編

こんにちは!masaeのブログ担当をしているEです。
今回はウェディングで選ぶアクセサリーのデザインのお話をさせていただきます。

まず、結婚式でアクセサリーを選ぶ小物合わせはドレスなども決まって終盤にあるのが多いではないでしょうか。
予算などであきらめたり終盤になってきて他にやることが山積みだったりで適当になってしまう方も多いのでは?
でも、一生に一回の事!
あとで見返した時にドレスもアクセも可愛い物を選べて本当によかったって思ってもらいたい。

私自身ドレスにアクセサリーに後悔なしで結婚式を終えることができました。
それはとにかく調べに調べたこと。少しでも結婚式の参考になれば嬉しいです!

レンタルはレンタルの良さももちろんありますが、購入の良いところは、ウェディング以外の場所友人の結婚式や華やかなシーン、
あとはシンプルな洋服にポイントとしても使用できたりするので式の後でも沢山つけていただけると思います。
そして何より、そのアクセを見ると結婚式のこと思い出せること!
そういう思い出ってプライスレスな気がします。 

1.揺れるデザイン?揺れないデザイン?

揺れるデザインは、おしゃれで動くたびにキラキラ輝くので華やかさもたっぷり。
揺れないデザインは、小ぶりタイプならクラシカルな印象もあり上品に見せれます。
大ぶりタイプならボリュームは一番だせるのでインパクトあり。

2.ドレスとアクセサリーの相性

ヘアースタイル
ダウンスタイル→揺れタイプ
アップスタイル→揺れタイプ、揺れないタイプ

アップスタイルの場合ドレスでアクセサリーも変わると思います。
オフショルダー、vネック、ボートネックなど肌の露出が多い場合はその空間を埋めてあげるために揺れるタイプをオススメします。
逆にハイネックタイプのような肌の露出が少ないドレスは空間がうめられているので揺れないタイプの方がゴテゴテしないと思います。

 

3.お色直し前にアクセサリーチェンジで3回お色直し風?


せっかくの結婚式なのでアクセサリーのデザインチェンジでお色直しのように印象を変えてみませんか?
挙式では、クラシカルな印象にするために揺れないタイプのアクセサリー。
披露宴入場では、ドレスはそのままで揺れるタイプのアクセサリー。
お色直しでは、カラーのアクセサリーなどドレスは変えないでアクセやヘアースタイルだけチェンジするのはいかがでしょう。

ウェディングアクセサリーはどれが正解というのはないと思います。
キラキラをたくさんつけたい方もいれば上品にクラシカルに小ぶりなものだけを一つつけられる方もいるでしょう。
色々な情報を参考にしつつ本当に自分がときめくアクセサリーをつけて後悔のないステキな結婚式にしてくださいね!

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。