メッキアクセサリーのお手入れ方法

お気に入りのアクセサリー、なるべく長い間使いたいですよね。
少しのお手入れでメッキ持ちが良くなり、色を保てたままになりますので是非お試しください。

メッキが変色する原因

まずメッキとは、金属の上にゴールドやシルバー色の薄い膜をコーディングしている状態のことです。
メッキのおかげでお手頃にアクセサリーを楽しめるようになりました。
しかし、あくまでも薄い膜ですので時間の経過や着用頻度が増えると膜が剥がれてきて下地が見えてくるようになります。
メッキの天敵は酸化や摩擦。
皮脂や汗で酸化しやすく、空気中に含まれる水分と反応することもあります。
なるべく長い間、元の輝きを維持できるように手入れ方法をご紹介します。

着用後にできるお手入れ方法

メッキアクセサリーのお手入れ方法

アクセサリーを身につけるとどうしても手の脂や汗に触れています。
また、リングを付けたまま手洗いなどをしてしまうと指の間に水や石鹸が残り、変色の原因となってしまいます。
柔らかい布・メガネ拭きとかで表面が裏側を優しく拭いてあげましょう。
ネックレスのチェーン部分やリングとかは皮脂の付着が多いため、念入りに拭苦ことをおすすめします。

ポイント👆
柔らかい布で手や肌が触れた部分を拭いてあげる。
シルバー磨きや貴金属用の研磨剤入りのもので拭くとメッキが剥がれるのでNG!

汚れがひどい時のお手入れ方法

メッキアクセサリーのお手入れ方法
メッキアクセサリーのお手入れ方法

汚れがひどい時、夏場など汗をよくかくシーズンはこちらの方法をおすすめします。

ぬるま湯に中性洗剤(台所用洗剤でOK)を少し混ぜて、20分ほど浸けます。
擦るとメッキ剥がれの原因になるので、そのまま置いて汚れを落としてください。
その後、水で洗い流して水分をタオル等できっちり拭き取りましょう。

尚、パールや天然石を中性洗剤は洗剤の混ざった水に触れないようにご注意ください。

ポイント👆
ぬるま湯に中性洗剤を混ぜてアクセサリーを浸けると汚れがより落ちます。
パールや天然石等は水や洗剤に触れないようにしましょう。

変色を防ぐ保管方法

アクセサリーが変色しない保管方法

変色する原因は酸化なので、保管する時はジップロックなどに入れて空気に触れないようにすると効果的です。
ジップロックでないタイプでも折って保管することで空気の入りを減らすことができます。
また、この方法で保管することで他のアクセサリーを当たって傷がつくのを防ぎ、埃を被りにくくなるので是非試してみてください。

今回はmasaeのアクセサリーを基準にメッキアクセサリーのお手入れについてご紹介しました。
ブランドによってメッキの厚さは違ってくるので持ちの良さも違ってきます。
メッキ剥がれが気になる方は購入店舗やお修理やさんに持ち込んでみてください。

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。