前撮りアクセサリーの選び方

masaeのブログを担当しているEです。

最近は結婚式の形もさまざまで結婚式をあげずにフォトウェディングを選択される方が増えてきたそうです。
今回は前撮りやフォトウェディングなど当日の結婚式とは違う写真ならではのアクセサリー選びのお話ができたらと思います。

1.やはり、大ぶりの方が写真映えする

まず前撮りやフォトウェディングで選ぶアクセサリーはどれだけ写真映えするか!で選んではいかがでしょうか。
好みはあると思いますが、写真ではやはり小ぶりのものより大ぶりや揺れがあるものを使用した方が写真映えします。
あと、パールのみのアイテムよりパール×ビジューやビジューのみの方が輝きもあり顔も周りも明るくなります。

小ぶりのものは髪の毛で隠れがちになったり、角度によって全く映らなかったり目立たなかったりすることが多いので少し勿体ない気がしてしまいます。
ただ、和装などで前撮りをする場合は衣装の柄などで充分写真映えするインパクトがあると思うので小ぶりでチラッと見える方がお洒落な印象をあたえるのではないでしょうか。

ポイント:少し大きいと思うぐらいが写真映りではちょうどいい

2. 結婚式では選びにくいアクセサリーで遊ぶ

次に、前撮りの場合本番などでは選びにくいカラーアクセサリーなどで少し個性を出したり遊びを入れてもいいと思います!
例えばパートナーのタキシードのシャツの色、チーフの色、靴下の色などとリンクさせてカラーを選んでそのカラーのアクセサリーを選んでも可愛いかもしれません。
また、ブーケを持つ場合はお花の色とコーディネートするのも素敵だと思います。
色に迷った時は、少し淡い緑などを入れるのがおすすめ。
生花の茎の緑と合うので、取り入れていただきやすい色の一つです。
カラーをひとつ入れると写真も華やかになりポイントになりますよ!

ポイント:アクセサリーで色を入れると、結婚式の写真の雰囲気とは別の写真が撮れる

 

2、3個アクセサリーを用意して場所によってアクセサリーを変えると色々なパターンの写真が撮れて楽しい前撮り。
私は、プチ挙式のお色直し気分が味わえました。

前撮りやフォトウェディングで使用するものは、お2人の雰囲気を表す大事なアイテム。
個性を出すのもよし、トレンドのものをつけるのもよし!
自分たちらしい写真映えのするアクセサリーを見つけてみてくださいね。

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。