アクセサリー金属の色の話

アクセサリー金属の色の話

アクセサリーの色というか金属の色のお話が本日のトピック。
ずっとゴールドを使ってるからゴールドアクセサリーをついつい選んでしまう。
夏はシルバーが気になる!など期間限定ショップを開催している時にお客様からも色についてのお悩みを聞くことがあります。

色によっての見え方や雰囲気が変わるので本日はそのお話をしようと思います。

イエローゴールド色

金の色と言えばこの色、濃い目のイエローゴールド。
イエローゴールドを持っている方は比較的多いのではないでしょうか。
ちなみにK14やK10になると他の金属と混ぜて作るため、数字が低いほど黄色の色味が弱くなります。
イエローゴールドベースはアクセサリーの中で華やかに演出しやすい色です。
パキッとした色がコントラストになり華奢でも存在感を演出できます。

ローズゴールド色

ピンクゴールドとも呼ばれるイエローゴールドにちょっとピンクがかった色味です。
黄色味がかったアジア人や日本人の肌には合うと言われてる色でもあり、
肌が綺麗にみえて女性らしさを加えてくれる色なので人気です。
注意点がありこの色のメッキは剥がれやすいのが難点です。

ちょっとこのデザイン、自分にはエッジィすぎるかな?と思うとき
ローズゴールド色を選ぶと柔らかさが加わりエッジィさが中和されやすくなります。
また、重ね付けしたいアクセサリーをローズゴールド色にすると
他の色とも合わせやすく気軽に重ね付けを取り入れやすくなります。

シルバー色

シルバー、ホワイトゴールドやプラチナ、メッキ色だとロジウムメッキの色になります。
プラチナは日本では結婚指輪で人気の素材でもあるので既婚者には馴染みのあるカラーでもあるのではないでしょうか。
結婚指輪に合わせてリングはシルバー色を探しているという方もいらっしゃいます。

シルバー色は金属メインだとカジュアルな要素を加えてくれますが、
ビジューやダイヤモンドの土台として使われると金属の白さがダイヤ等の石に反射して輝きが増して見えます。
より豪華に華やいで見えるのでmasaeのブライダルアクセサリーのセミオーダー会ではシルバー色を選ばれる方が8~9割です。

夏につけると涼しげな印象になる他、焼けた肌とコントラストができるのもシルバー色アクセサリーの楽しみ方です。

新しい色を試したいとき

今まで持っていない色を試したい場合ってありますよね。
その時に選びたいアクセサリーはずばり耳元だと思います。
耳は他のアクセサリーをつけるパーツと離れているので例えばイエロー系のリングをしてても違和感なく楽しんでいただけます。

また、リングは華奢なデザインを選ぶと今お持ちのアクセサリーと合わせやすく重ね付けしやすく出番が増えるのではないでしょうか。

色で悩んでる時、どのように見せたいかコーディネート別で決めても楽しそうです。

悩みすぎるのも新しい一歩を踏み出しにくくしてしまうので買ってどんどん試していくのが一番!
色を混ぜるのも、ピアスはゴールドでイヤーカフはシルバーでもあり。
アクセサリーはルールに縛られず楽しめるフィールドになる機会となりますように!

Leave a comment

All comments are moderated before being published